「すべてを克服してここまで来た」正恩氏の思惑は…(2018/06/12 11:48)

 アメリカのトランプ大統領と北朝鮮の金正恩委員長による歴史的な会談がシンガポールで始まりました。金委員長は、会談冒頭で「すべてを克服してここまで来た」と述べました。メディアセンターから報告です。

 (高橋政光記者報告)
 金委員長は単独会談の後にリラックスした表情も見せるなど、トランプ大統領とこれから対話を続けられる手応えを感じたようでした。12日の金委員長は長く敵対関係にあったアメリカのトップとの会談とあって、最初はこわばった表情で緊張した様子でした。ただ、英語であいさつするなど融和ムードの演出にも努めました。人民服を着ていたのは北朝鮮の最高指導者としてアメリカの大統領と対等に渡り合っていると世界、そして、北朝鮮の人たちにアピールする狙いがあるとみられます。また、非核化をしても体制は変えないということを強調したとの見方もあります。アメリカが求める非核化への本気度や手法については、トランプ大統領が納得できる説明をできたとみられます。ただ、12日の会談は時間も限られていて、包括的な合意にとどまる可能性が高いです。核兵器の海外搬出など、具体的なロードマップはさらなる首脳会談や実務レベルの協議が必要です。北朝鮮がこれまでの裏切りの歴史を繰り返さず、国際社会の信頼を得ることができるか、12日の会談の結果が非常に重要なものになります。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集