ランチ後に2人で散策 “大統領専用車”紹介も(2018/06/12 14:58)

 トランプ大統領と金正恩委員長による米朝首脳会談が終了し、双方が合意文書に署名しました。トランプ大統領はこの後、会見で詳しい内容を話すというふうにしています。合意文書の署名に先立ち、トランプ大統領は金委員長と一緒に会談を終えてランチをした後、通訳なしでホテルの敷地内を散策しました。

 日本時間の12日午後1時半すぎ、米朝首脳会談はランチをしながらの会合が終わりました。トランプ大統領と金委員長は、通訳なしで会話を交わしながら笑顔で会談会場のホテルの敷地を短い時間でしたが、散策しました。金委員長のにこやかな表情も見て取ることができます。そして、トランプ大統領はこの後に記者団の前に立ち止まり、「私たちは実に素敵な会合を持てた。多くの進展があった。皆さんが想像する以上だった」「私たちはこれから一緒に文書に署名するつもりだ」と話しました。そして、署名に至ったわけです。この時には金委員長は一言も話しませんでした。この後、トランプ大統領は自ら金委員長をホテルの中を一緒に練り歩いて少し案内するような様子も見せていました。トランプ大統領はこの後、このホテルの敷地内をさらに歩いていきます。そして、このホテルに到着したトランプ大統領の専用車「ビースト」と呼ばれている非常に厳重な警備の車ですが、その車に金委員長を案内しました。後ろのドアを開けて金委員長に車の中身も少し案内するようなしぐさもありました。そのぐらい2人の会談の様子は非常に打ち解けたムードにも包まれていました。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集