安保理専門家パネル「北朝鮮が核ミサイル開発継続」(2018/08/05 01:34)

 国連の安全保障理事会の専門家パネルが、北朝鮮について「核やミサイルの開発を継続している」などと指摘する報告書をまとめたことが分かりました。

 国連外交筋によりますと、北朝鮮に対する制裁の履行状況を調査している専門家パネルは3日、今年上半期の中間報告書をまとめ、安保理の制裁委員会に提出しました。報告書では、北朝鮮が6月の米朝首脳会談で「完全な非核化」について合意して以降も核・ミサイル開発を継続している実態などが盛り込まれました。また、安保理制裁で輸入が禁止されている石油や石炭については、海上で別の船に積み替える「瀬取り」と呼ばれる手口による密輸が急増していると指摘しました。安保理は今後、北朝鮮による制裁逃れの実態を踏まえ、国連加盟国に対して制裁を確実に履行するよう求めていくとみられます。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集