イラン大統領 「アメリカは信用できない」(2018/08/07 04:15)

 イランのロウハニ大統領はアメリカによる経済制裁再開を受け、「アメリカは信用できない」と厳しく批判したうえで、アメリカへの対抗措置を打ち出しているEU(ヨーロッパ連合)諸国との連携に期待を示しました。

 イランのロウハニ大統領は6日、国営テレビでのインタビューで、アメリカによる経済制裁再開について「アメリカは信頼できない。トランプ大統領からの直接対話の呼び掛けはイラン国内の分断を狙ったものだ」と厳しく批判しました。一方で、イランへの欧州企業の進出を保護するため、アメリカへの対抗措置を打ち出しているEU諸国との連携に期待を示しました。また、「ロシアと中国はアメリカの経済制裁に対抗することを約束してくれている」とも述べ、この2カ国と連携してアメリカに対抗していく考えを強調しました。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集