台風18号 九州で記録的な大雨(2017/09/18 13:09)

大型の台風18号は17日午前11時半ごろ、鹿児島県の南九州市付近に上陸し、九州では記録的な大雨となりました。
大分県佐伯市では1時間に約110ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、記録的短時間大雨情報が発表されました。

投稿者によると、雨が急に激しくなり、近くの用水路からあふれた水が自宅の車庫に流れ込んだ。
今まで経験したことのない大雨に驚いたということです。