総理が表明 戦後70年談話「反省の意」盛り込む意向(2015/07/11 05:48)

 安倍総理大臣は来日中の韓国の国会議員らと会談し、来月に発表する戦後70年談話で、太平洋戦争についての反省の意を盛り込む意向を伝えました。

 安倍総理大臣:「50年間の両国の友好、協力、発展の歴史を振り返りながら、未来志向の関係をこれから築いていきたいと思います」
 会談で韓国側は、安倍総理の戦後70年談話について「建設的な形でなされることを期待しています」と述べました。安倍総理は「先の大戦について反省の意を表する」と述べ、太平洋戦争への反省の気持ちを談話に盛り込む意向を示しました。そのうえで、戦後の日本は平和国家としての歩みを続けてきたことも盛り込む考えを強調しました。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集