「まずいご飯にまずい味噌汁」新党結成に余裕の自民(2016/02/24 11:47)

 夏の参議院選挙に向けて、民主党と維新の党は新党を結成することで合意しました。また、共産党とも安保関連法廃止を旗印に選挙協力を進める予定で、野党結集が動き始めました。これに対し、与党側は「選挙目当てだ」と冷ややかな見方を示しています。

 (政治部・中丸徹記者報告)
 自民党幹部は「まずいご飯にまずいみそ汁を掛けてもおいしくはならない」と余裕を持って新党結成を見守っています。
 自民党・佐藤国対委員長:「『果たしてどうなんでしょうかね』と井上幹事長、両幹事長、良い意味で心配をされておられました」
 自民党内で配られている野党の連携を批判するネタ帳の一部には、共産党などと連携すれば憲法改正やTPP(環太平洋経済連携協定)など主張はバラバラで、むしろ有権者に共産党アレルギーが働くことで与党にプラスになるとみています。一方、民主党は「このままでは国会で自民党に対抗できない。違いは違いとして認め合い、共闘することは大義がある」と反論しています。こうした冷ややかな見方をよそに、野党が違いを乗り越えて一体感をつくることができるのか、再編の中身が問われています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集