米国務長官が来日 外相会談で北朝鮮への対応協議へ(2017/03/16 00:05)

 アメリカのティラーソン国務長官が15日夜、日本に到着しました。16日に岸田外務大臣と会談し、北朝鮮への対応を協議します。

 ティラーソン長官のアジア訪問は就任後、初めてです。外相会談では、核やミサイルの開発を続け、挑発行為を繰り返す北朝鮮への対応を協議します。トランプ政権は北朝鮮政策の見直しを進めていて、軍事力の行使を含む「あらゆる選択肢」を検討しています。日本政府としては、北朝鮮の脅威について認識を共有したうえで、圧力の強化も協議したい考えです。また、外相会談では、日米の防衛協力の強化に向け、「2+2」(外務・防衛閣僚級会合)の早期開催を確認することにしています。また、普天間基地の辺野古移設に向けた方針も改めて確認する見通しです。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集