【報ステ】日独首脳「トランプ氏を粘り強く説得」(2017/03/20 23:30)

 ドイツを訪れている安倍総理がメルケル首相と会見を行った。安倍総理は「世界で保護主義や内向き志向の台頭が懸念されるなか、自由で開かれた国際秩序こそが平和と繁栄の礎であると一致した。日欧が米国とともに協力して自由貿易の旗を高く掲げ続けなければならない」と述べた。両首脳は、保護主義的な姿勢を強めるトランプ政権に対し、日独で粘り強く説得を重ねる考えを示した。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集