海上自衛隊の護衛艦 初の「米艦防護」あす実施へ(2017/04/30 18:20)

 北朝鮮情勢が緊迫するなか、海上自衛隊の護衛艦が武器を使ってアメリカ海軍の補給艦を守る任務の命令が初めて下されました。

 海上自衛隊の護衛艦「いずも」は、来月1日午前に横須賀基地を出発し、千葉県房総半島の沖でアメリカ海軍の補給艦と合流する予定です。その後、太平洋を四国沖まで一緒に航行し、もし攻撃を受けた場合には武器を使って守ることになります。新しい安保関連法で可能になった「アメリカ艦船などの防護」の命令が下されたのは初めてのことです。補給艦は、日本海に展開しているアメリカ海軍の原子力空母「カール・ビンソン」にも補給を行う可能性があります。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集