「不用意な発言で軽率」 江崎大臣、辞任は否定(2017/08/07 10:31)

 江崎沖縄北方担当大臣は、国会答弁で間違った発言をしないよう「役所の原稿を朗読する」などと発言したことについて「不用意な発言で軽率だった」と釈明しました。

 江崎沖縄北方担当大臣:「朝から申し訳ないね、全く私の不用意な発言で…。これはもうどう言い訳しても、とても理解頂けないということです。いずれにしろ、軽率だったというその一語ですな。原稿にしっかり目を通す。チェックして自分なりに加えるところは加える。省くところは省きながら、こうしたものを参考にするということです」
 一方で、江崎大臣は辞任は否定しました。江崎大臣の発言に関しては、菅官房長官が6日に電話で注意したということです。3日の内閣改造で初入閣した江崎大臣は、安倍総理大臣からの要請を「体力的に厳しい」として固辞しましたが、派閥の会長である自民党の二階幹事長に説得されて就任した経緯があり、野党側から大臣の資質に疑問の声が上がっていました。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集