南シナ海めぐり日中応酬 失望発言にも河野氏譲らず(2017/08/08 05:55)

 就任後、初めての外国訪問としてフィリピンを訪れている河野外務大臣は、中国の王毅外相と会談し、中国が南シナ海の軍事拠点化を進めている問題で応酬を繰り広げました。

 初めての外相会談で王外相は突然、「失望した」と発言し、周囲を驚かせましたが、河野大臣は一歩も引きませんでした。
 中国・王毅外相:「きょうはあなたが初めて国際的なデビューを果たし、初めて東アジアサミットで発言した。だが、あなたの発言を聞いて、率直に言って失望した」
 河野外務大臣:「中国には、大国としての振る舞い方というのをやはり身につけて頂く必要がある」
 外務省関係者は「知った者同士だからこその忌憚(きたん)のないやり取りだった」と説明しています。また、河野大臣は6日夜に、北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相とも立ち話をし、核・ミサイル、拉致問題の包括的な解決を求めたことを明らかにしました。日朝の外相が接触したのは2年ぶりとなります。就任からわずか3日での外国訪問でしたが、ほとんどの会談を流暢(りゅうちょう)な英語で行い、各国外相との距離を近付けるなど、まずは河野カラーを打ち出した外交デビューとなりました。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集