迎撃ミサイルPAC3 中国・四国地方に配備始まる(2017/08/12 05:50)

 北朝鮮のグアムに向けた弾道ミサイルを発射するのに備え、防衛省は飛行ルートにあたる中国、四国の4県に地上配備型迎撃ミサイル「PAC3」の配備を始めました。

 北朝鮮はグアムに向けて弾道ミサイルを発射すれば、島根県や広島県、高知県の上空を飛ぶことになると予告しています。中国、四国地方には元々、PAC3が配備されていませんでしたが、ミサイルの落下に備え、島根、広島、愛媛、高知の4つの県の陸上自衛隊の駐屯地にPAC3が一時的に配備されます。PAC3は11日夜に岐阜基地などを出発し、高知には12日未明に陸路で到着しました。防衛省は他の駐屯地でも到着次第、展開を始めて迎撃態勢を取るとしています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集