北のミサイル迎撃へ 中国四国4県にPAC3配備進む(2017/08/12 11:47)

 北朝鮮によるグアム周辺に向けたミサイル発射に備え、防衛省は上空を通過する可能性がある中国・四国の4県に地上配備型の迎撃ミサイル「PAC3」の配備を進めています。

 高知県にある陸上自衛隊の高知駐屯地には12日未明、PAC3の発射機を搭載した車両などが到着し、早朝には発射機が組み立てられ、配備されている様子が確認できました。また、愛媛県、島根県、広島県にある陸上自衛隊の駐屯地にもPAC3が次々と到着し、配備に向けて準備が進められています。北朝鮮は、グアムに向けて弾道ミサイルを発射すれば島根県などの上空を飛ぶと予告していて、防衛省はミサイルの国内落下も想定して迎撃態勢を整備します。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集