“退位”3月中旬めど基本方針まとめ 準備委初会合(2018/01/09 11:51)

 政府は天皇陛下の退位や皇太子さまの即位に伴う儀式の在り方などを検討する準備委員会の初会合を開きました。3月中旬めどに基本方針を取りまとめる方針です。

 (政治部・原慎太郎記者報告)
 初会合では過去の退位や即位の例などを踏まえ、今後の検討課題を整理しました。
 菅官房長官:「天皇陛下のご退位は約200年ぶりのことであり、憲政史上、初めての事柄であります。政府を挙げて万全の準備を進めて参りたい」
 委員会では天皇の政治関与の禁止や政教分離などを定めた憲法に抵触しないよう、退位の儀式を国事行為として行うかなどを検討します。一方、皇太子さまの即位の礼については昭和から平成への代替わりの儀式を踏襲しつつ、時期や形式、出席者などについて話し合われます。また、新しい元号をいつ、どのように決定して発表するかはこの準備委員会とは別に検討することにしています。準備委員会は3月に基本方針を取りまとめた後、総理をトップとする実行委員会に格上げされ、儀式の運営について正式に決定します。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集