自由貿易体制の堅持で一致 日中閣僚級経済対話(2018/04/16 23:29)

 日中両政府は貿易や投資などについて協議する「経済対話」を8年ぶりに行い、自由貿易体制を堅持していくことで一致しました。

 河野外務大臣:「互いの経済発展はチャンスであるとの認識のもと、様々なレベルで協力と交流を拡充していくことで一致を致しました」
 また、河野大臣はアメリカと中国の経済制裁の応酬について「国際経済の繁栄にとって大きな影響がある」との認識を中国側と共有していることを明らかにしました。中国が進める一帯一路構想については、ケース・バイ・ケースで日本側が協力することを伝えました。次回の閣僚級経済対話は来年、中国で開催する予定です。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集