【報ステ】愛媛知事「職員は子どもの使いではない」(2018/05/11 23:30)

 柳瀬元総理秘書官が10日の国会で、総理官邸での加計学園との面会について、愛媛県や今治市の職員がいたかどうかわからないと説明したのに対し、愛媛県の中村知事は11日の会見で「嘘は第三者を巻き込んでいく」と強い口調で反論した。中村知事は「県の職員は総理官邸で県の立場を説明するために行っている。子どもの使いではない」と述べ、面会した時に交換した柳瀬氏の名刺を公開。県の職員が柳瀬氏に発言した内容のメモも公表した。愛媛県が作成した文書にあった『首相案件』という言葉について、「普段から『首相』という言葉は使わない」と柳瀬氏は述べたが、中村知事は「地方では『総理』はあまり使わないから、『首相』という形で書いた可能性は否定できない。職員がありのままに書いているという風に受け止めていい」と語った。こうした反論に対し、柳瀬氏は「私は覚えている限り申し上げた」と述べるにとどまった。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集