熱中症で搬送 3カ月で7万人超 4割近くが室内で…(2018/08/07 11:49)

 熱中症で5日までの3カ月間に救急搬送された人は7万人を超え、すでに年間の過去最多を上回りました。

 総務省消防庁によりますと、先週、熱中症とみられる症状で救急搬送された人は全国で1万3575人に上りました。これにより、4月30日から今月5日までの3カ月で7万1266人となり、年間で最も多かった2013年の5万8729人を上回りました。救急搬送された人のうち半数近くが65歳以上の高齢者で、全体の4割近くが室内で発症しています。消防庁ではためらわずに冷房をかけることや、こまめな水分補給を呼び掛けています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集