【報ステ】沖縄・翁長知事の死去から一夜明け(2018/08/09 23:30)

 沖縄県の翁長雄志知事(67)が亡くなって一夜明け、改めて悲しみの声が広がっている。今年5月に沖縄県民栄誉賞が贈られた沖縄県出身の歌手・安室奈美恵さんは「沖縄のことを考え、沖縄のために尽くしてこられた知事のご遺志がこの先も受け継がれ、これからも多くの人に愛される沖縄であることを願っております」と追悼コメントを発表した。基地問題をめぐって翁長知事と対立してきた菅官房長官は「翁長知事の沖縄にかける思いを受け止めて、(負担軽減などを)目に見える形で実現するという思いのもとに全力で取り組んでいきたい」と述べた。一方、アメリカ軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設問題については「辺野古移設が唯一の解決策。こうしたことは変わりない」と語った。翁長知事が亡くなったことにより、来月下旬には知事選が行われる。自民党はすでに候補者を決め、事実上の選挙戦に入っている。ある自民党幹部は「弔い合戦ムードにのみ込まれ、非常に厳しい選挙になる」と話す。しかし、辺野古移設に反対してきた翁長知事の後継者選びは難航している。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集