入院女性が死亡…首に絞められたような痕 殺人か(2017/01/11 11:52)

 千葉県の病院で、92歳の入院患者の女性がベッドで死亡しているのが見つかりました。首に絞められたような痕があり、警察は殺人の疑いも視野に捜査しています。

 警察によりますと、10日午後8時すぎ、千葉県鎌ケ谷市の初富保健病院で「女性の呼吸が止まっている。検視をお願いしたい」と看護師から110番通報がありました。警察官が駆け付けると、個室に入院していた患者の井上君子さんがベッドで死亡していて、首に絞められたような痕があったということです。井上さんは5年ほど前から脳梗塞(こうそく)などを患って入院していて、警察は直前に息子が面会に来ていたことから、何らかの事情を知っているとみて調べています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集