今も197人が…大震災から5年10カ月、福島で一斉捜索(2017/01/11 11:55)

 11日で東日本大震災から5年10カ月です。被災地では行方不明者の手掛かりを求めて捜索が行われています。

 福島県浪江町では警察や消防など約200人が参加し、行方不明者の手掛かりを探しています。
 福島・双葉警察署浪江分庁舎、佐々木敏所長:「5年10カ月が経過しても発見される。一斉捜索やる意義が十分にあると思う。今後もご家族のことを考えながら捜索は続けたい」
 警察によりますと、福島県では現在も197人の行方が分かっていません。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集