67歳夫「妻を殺した」 包丁を手に警察署に出頭(2017/01/11 18:10)

 血の付いた包丁を手に「妻を殺した」と警察署に出頭しました。

 三沢利夫容疑者(67)は11日午前1時40分ごろ、埼玉県草加市の自宅で、妻の秀子さん(63)を包丁で刺して殺害した疑いが持たれています。警察によりますと、三沢容疑者は妻を刺した約15分後に「妻を殺した」と包丁を持って警察署に出頭してきたということです。その後、自宅の寝室で秀子さんが血を流して倒れているのが見つかり、病院で死亡が確認されました。秀子さんは首を切られていて、警察が動機などを詳しく調べています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集