日立製作所の社員、麻薬密輸の疑い ネットで注文(2017/01/11 18:35)

 スペインから国際郵便を使って麻薬を密輸したとして、日立製作所の社員の37歳の男が逮捕されました。

 日立製作所のシステムエンジニア・中野昌夫容疑者はおととし10月と去年8月、スペインから羽田空港に合わせて約8グラムの麻薬を国際郵便を使って密輸した疑いが持たれています。警察によりますと、麻薬は封筒に入れられたDVDケースの中などに隠されていて、不審に思った税関の職員がケースの中を開けて発見したということです。取り調べに対し、中野容疑者は「5、6年前に危険ドラッグを使ったことがある。興奮作用があると思った。麻薬だとは知らなかった」と容疑を否認しています。中野容疑者は海外のインターネットサイトで注文していて、警察が入手ルートを調べています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集