茨城の病院から逃走 手配中の元暴力団組員を逮捕(2017/01/11 23:47)

 茨城県警の捜査員が元暴力団組員の男を覚醒剤所持の疑いで逮捕しようとした際、茨城県小美玉市の病院から逃走した事件で、指名手配されていた41歳の男が逮捕されました。

 指定暴力団松葉会系の元組員・湯原良幸容疑者はおととし6月、茨城県石岡市で覚醒剤約20グラムを所持した疑いが持たれています。警察によりますと、湯原容疑者は先月、覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕された際、自宅から飛び降り、足にけがをして小美玉市の病院に入院しました。その後、退院手続きに入った湯原容疑者を捜査員が逮捕しようとした際、たばこを吸いたいと移動し、車に乗って逃走していました。指名手配された後、情報提供などから茨城県土浦市の関係先にいることが分かり、11日に逮捕したということです。また、湯原容疑者に携帯電話を渡して逃走を手助けしたとして、組員の那須野勝之容疑者(38)も逮捕されています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集