着服で損害1億円超か 自動車販売会社の元社員逮捕(2017/01/11 21:58)

 業務に必要のない印紙を購入して着服し、会社に約1億500万円の損害を与えたとして、自動車販売会社の元グループ長の男が逮捕されました。

 自動車販売会社の元社員・黒田清隆容疑者(55)は、去年5月までの3年間に業務に必要のない印紙を74回購入し、会社に約1億500万円の損害を与えた疑いが持たれています。損害を受けた会社がさいたま地検に告訴したことで事件が発覚しました。検察によりますと、黒田容疑者は当時、新車を販売する部署でグループ長を担当していて、新車の新規登録に必要な自動車重量税印紙の購入などの業務を統括していました。黒田容疑者は、購入した印紙を金券ショップで換金し、飲食代などに充てていたということです。検察は、余罪についても捜査を進めています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集