スノーボーダー2人“遭難” けさから捜索(2017/01/12 10:32)

 新潟県湯沢町でスノーボードをしていた2人の行方が分からなくなっていて、警察は2人が遭難したとみて捜索を行っています。

 行方不明になっているのは、神奈川県座間市の金本正宏さん(34)と横浜市の轟木尚之さん(59)です。10日から日帰りの予定で湯沢町の神楽ケ峰にスノーボードに出掛けていましたが、11日になっても帰宅せず、携帯電話も通じないことから家族が警察に届け出ました。2人は登山計画書を出していて、コース外側を滑る「バックカントリー」をしていたとみられます。スキー場の駐車場には、2人が乗ってきた車が駐車したままになっています。現場周辺は積雪が2メートルあり、また、雪のため視界が悪いことから、天候を見ながらの捜索になっています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集