「夫が育児しない」と相談 講談社社員が妻“殺害”(2017/01/13 11:53)

 東京・文京区で講談社社員の男が妻を殺害したとして逮捕された事件で、事件前、妻が夫について「育児休暇を取っているが、育児をやらない」などと区に相談していたことが分かりました。

 朴鐘顕(パク・チョンヒョン)容疑者(41)は妻の佳菜子さん(38)を殺害した疑いが持たれています。その後の捜査関係者への取材で、3年ほど前、佳菜子さんが「夫は育児休暇を取っているが、育児をやらない」と区に相談していたことが分かりました。その相談のなかで、長男を出産した後、朴容疑者に「仕事を辞めろ」などと言われて退職したと話していたことも分かりました。この相談の時期に、朴容疑者からDVを受けていることも1年間にわたって区に話していました。朴容疑者は容疑を否認していますが、警視庁は事件の背景に育児トラブルがあったとみて調べています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集