ドローンで避難誘導 震災時、上空から安全確保(2017/02/11 17:52)

 東京・新宿で、超高層のビル街では国内初となるドローンを使った避難誘導の実験が行われました。

 この実験は、大規模な地震が発生し、高層ビルから多くの人が出てきて混乱している状況を想定して行われました。災害対策本部は、上空のドローンから送られる映像で人数や人の動きを把握します。災害対策本部を想定した場所に入ってくるドローンの映像で、危険な場所と安全な場所を確認することができます。
 ドローンからの音声:「ドローンの飛行の訓練を行っております」
 そして、ドローンに取り付けたスピーカーから音声を流し、避難してきた人たちを安全な場所に誘導するということです。実験は東日本大震災で駅などに人が殺到して混乱したことを教訓に、新宿周辺の企業や大学などが実施しました。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集