ゲーム会社の元社員“水増し請求”繰り返し6000万円(2017/02/13 11:59)

 ゲームの開発を下請けの会社に業務委託した際に代金を水増しして請求させ、自分の会社に余分に代金を支払わせて損害を与えたとして、ゲーム制作会社の元社員が逮捕されました。

 ゲーム制作会社「マトリックス」の元社員・穴水勇二容疑者(43)は2013年、パチンコゲームの開発を業務委託した下請け会社の男(45)に代金を約300万円水増しして請求させ、自分の会社に支払わせて損害を与えた疑いが持たれています。警視庁によりますと、穴水容疑者は当時、パチンコゲームの制作を担当する課長で、水増し分を自分が経営する別の会社の口座に入金していたということです。取り調べに対し、「間違いありません」と容疑を認めています。警視庁は、穴水容疑者が水増し請求を繰り返し、これまでに約6000万円を不正に得ていたとみて調べています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集