秋篠宮さまが追悼のおことば「深く心が痛みます」(2017/03/11 16:00)

 東日本大震災の発生から6年となる11日、政府主催の追悼式が東京で開かれ、秋篠宮さまが「いまだ帰還の見通しが立っていない人々の気持ちを思うと、深く心が痛みます」と述べられました。

 秋篠宮さま:「困難な生活を強いられている人々が今なお多くいます。特に、避難生活が長期化するなかで、年々、高齢化していく被災者の健康や放射線量が高いことによって、いまだ帰還の見通しが立っていない地域の人々の気持ちを思うと深く心が痛みます」
 午後2時半から東京の国立劇場で開かれた東日本大震災の追悼式には、これまで天皇皇后両陛下が出席されてきましたが、今回は秋篠宮ご夫妻が参列されました。秋篠宮さまは「一日も早く安寧(あんねい)な日々が戻ることを心から願い、御霊(みたま)への追悼の言葉といたします」とお言葉を締めくくられました。宮内庁によりますと、両陛下は、地震が起きた午後2時46分に皇居で黙祷(もくとう)を捧げられました。11日は予定は入れず、静かにお過ごしになるということです。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集