籠池理事長の弁護士 「身を隠す」問題で辞任の意向(2017/03/16 05:51)

 森友学園の籠池理事長が「代理人の弁護士を通じて、財務省から身を隠すよう言われた」とされる問題について、弁護士は15日夜、全面的に否定したうえで代理人を辞任する意向を示しました。

 森友学園の籠池理事長は15日、東京でノンフィクション作家と面会しました。作家によりますと、籠池理事長は「財務省の佐川宣寿理財局長から弁護士に電話があり、『10日間でいいから身を隠してくれ』と連絡を受けた」と話したということです。これに対して弁護士は、午後9時すぎにコメントを発表。「佐川理財局長とは面識もありませんし、話をしたこともありません。財務省の他の方からもそのようなことを言われたことはありません」と説明し、籠池理事長の証言を「事実誤認」と否定しました。また、正午に学園の代理人を辞任する意向を理事長に伝え、夕方に了承を得たとしています。森友学園は、これまでに小学校の工事費について同じ日付で3通りの金額の契約書を府や国に提出。府は、学園が書類を偽造したとみて刑事告発を検討しています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集