“災害”などの情報収集 H2Aロケット打ち上げ成功(2017/03/17 11:52)

 政府の情報収集衛星を載せたH2Aロケット33号機が鹿児島県の種子島から打ち上げられ、成功しました。

 17日午前10時20分に種子島宇宙センターから打ち上げられたH2Aロケット33号機は、予定通り衛星を分離して打ち上げは成功しました。情報収集衛星「レーダー5号機」は、日本の安全保障や災害に関する情報などを集める事実上の偵察衛星です。夜間や悪天候でも地上を撮影することができ、現在、運用中の衛星の後継機です。前回の打ち上げからの準備期間は52日とこれまでで最も短くなっていて、H2Aロケットは27機連続の成功となります。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集