野球・ソフトの福島開催へ 東京五輪でIOCが承認(2017/03/17 11:54)

 2020年東京オリンピックの野球とソフトボール、それぞれ1試合が福島市の県営あづま球場で開催されることが決まりました。

 東京大会組織委・森喜朗会長:「横浜と福島の2つの会場で、野球とソフトボールを行うということも正式に決定しました」
 東京大会の組織委員会は、韓国の平昌(ピョンチャン)で開かれているIOC(国際オリンピック委員会)の理事会で、野球とソフトボールの1試合ずつを福島県営あづま球場で行うことを提案して承認されました。福島県の復興を目的に郡山市の開成山球場といわき市のいわきグリーンスタジアムも候補に挙がっていましたが、福島県との調整の結果、あづま球場が選ばれました。福島で開幕戦を開催し、それ以外の試合はメインスタジアムである横浜スタジアムで行われる見通しです。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集