豊洲市場の地下水再調査 基準値超える有害物質検出(2017/03/18 11:47)

 豊洲市場の地下水モニタリングの再調査で、環境基準値を上回るベンゼンなどの有害物質が検出されたことが分かりました。

 豊洲市場ではこれまでに9回の地下水モニタリング調査が行われ、最後の9回目に最大で環境基準値の79倍のベンゼンなどが検出されました。東京都は1月末から基準値を超えた29カ所で再調査をしていましたが、関係者によりますと、この再調査でも基準値を超えるベンゼンなどが検出されたということです。詳細については19日の専門家会議で公表されます。一方、都議会では18日午後1時から、百条委員会で歴代の市場長4人らの証人喚問を行います。豊洲市場の用地の売買を巡る東京ガスとの交渉の経緯について質疑される見通しです。また、土地の適正価格を評価した財産価格審議会の当時の会長らも証人として呼ばれていて、土地の価格を決定した経緯についても質疑されます。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集