豊洲市場の地下水再調査 基準100倍のベンゼン検出(2017/03/19 00:46)

 豊洲市場の地下水モニタリングの再調査で、環境基準の数十倍から100倍のベンゼンが検出されたことが分かりました。

 豊洲市場では2年間にわたり、9回の地下水モニタリング調査が行われてきました。最後の9回目には最大で環境基準の79倍のベンゼンなど、201カ所のうち72カ所から有害物質が検出され、8回目までと比べ、数値が急上昇しました。このため、都は1月末から数値が高かった地点を中心に、4つの調査機関による再調査を実施していました。関係者によりますと、その結果、複数の地点で環境基準を超える有害物質が検出されました。9回目に79倍のベンゼンが検出された地点では、複数の機関の分析で数十倍から100倍の数値が出たということです。19日の専門家会議で正式な分析結果は公表されます。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集