60代同士…男がサバイバルナイフで交際女性“刺す”(2017/03/20 17:35)

 男は「女性を殺して自分も死のうと思った」と供述しています。

 殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、東大阪市に住む自称・建設作業員の小塚博義容疑者(65)です。小塚容疑者は20日午前10時半すぎ、大阪府八尾市にあるマンションの駐輪場で、買い物に出ようとした60代の女性を刃渡り約15センチのサバイバルナイフで刺して殺害しようとした疑いが持たれています。女性の傷は肺にまで達し、重傷です。容疑者の自宅からは凶器とみられる血の付いた刃物も見つかり、「女性と交際していた。女性を殺して自分も死のうと思った」と話しているということです。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集