「切り付けられ」…青森市の強盗傷害は“自作自演”(2017/05/20 08:48)

 17日、青森市郊外にある建築会社で55歳の従業員の男性が襲われたとされた強盗傷害事件は、男性の自作自演だったことが分かりました。警察が軽犯罪法違反の疑いで調べています。

 自作自演と判明したのは、17日に青森市雲谷で発生した強盗傷害事件です。17日の午後4時すぎ、青森市雲谷にある建築会社の敷地内で、55歳の従業員の男性が、駐車中の乗用車から金品を奪おうとした3人組の男の1人からカッターナイフのようなもので切り付けられたり、顔を殴られて軽いけがをしたとして警察に通報しました。警察が調べたところ、従業員の男性の話と現場の状況に一致しない点があり、男性を追及したところ、19日の夕方、自作自演だったことを認めたということです。このため、警察は軽犯罪法違反の虚偽申告の疑いで任意で調べています。現場近くの小学校では、児童たちが保護者とともに登校したり、全校児童が一斉に下校するなど対応に追われました。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集