三浦九段と将棋連盟が和解 慰謝料の支払いで合意(2017/05/25 05:55)

 将棋ソフトの不正使用が疑われた三浦弘行九段が日本将棋連盟と和解しました。将棋連盟が謝罪し、慰謝料を支払うことで合意したということです。

 三浦弘行九段:「これからは将棋界の発展に棋士の一人として頑張っていきたい」
 日本将棋連盟は去年、対局中にスマートフォンの将棋ソフトを不正に使用した疑いがあるとして、三浦九段を出場停止処分にしました。しかし、第三者委員会は「不正の証拠はない」と結論付け、責任を取る形で前会長が辞任していました。和解の内容には連盟からの謝罪と慰謝料などが含まれているということで、佐藤康光会長は三浦九段の名誉回復に努めたいとしています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集