福岡ではまた避難指示も 九州豪雨の死者21人に(2017/07/10 05:50)

 九州北部を襲った記録的な豪雨で9日、新たに福岡県内で女性3人の死亡が確認されました。これで今回の豪雨で亡くなった方は、福岡と大分の両県で合わせて21人になりました。

 警察などによりますと、午後、福岡県東峰村と福岡県朝倉市でそれぞれ女性が心肺停止の状態で見つかり、その後、死亡が確認されました。また、夕方には朝倉市の別の場所でも心肺停止状態の女性が見つかり、夜に死亡が確認されました。今回の豪雨で、福岡県内で亡くなった方は18人となりました。また、朝倉市の災害対策本部は午後、市内の2つの地区で山が崩落する恐れがあるとして、115世帯316人に避難指示を出しています。大分県日田市では、今回の大雨で3人が亡くなりました。夜に矢野英俊さん(79)と妻の知子さん(70)の通夜が営まれ、次男の修さん(38)が両親の突然の死を悼みました。
 次男の修さん:「大変つらいんですけれども、(両親は)幸せだったと思います」
 2人の告別式は10日午後に行われます。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集