33歳女が児相に“火炎瓶”「子ども返せ」とトラブル(2017/07/12 18:45)

 保護された子どもを巡り、33歳の母親が信じられない犯行です。

 自称・大阪府の33歳の女は12日午前2時10分ごろ、高松市にある「香川県子ども女性相談センター」の敷地内の草むらに、火を付けた瓶を投げ込んだ疑いが持たれています。火は燃え広がらず、けが人はいませんでした。女は、自分の生後8カ月の赤ちゃんが香川県内の別の施設で保護されていて、「子どもを返してくれ」などとトラブルになっていました。警察の取り調べに対し、容疑を認めたうえで、「職員を出てこさせようと思った」などと供述しています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集