因縁付け集団で“暴行” 暴力団員幹部の男ら逮捕(2017/07/12 23:28)

 東京・新宿区歌舞伎町で面識のない男性に因縁を付けたうえ、集団で殴る蹴るの暴行を加えてけがをさせたとして、暴力団員幹部の男らが逮捕されました。

 指定暴力団住吉会系の幹部・原田英俊容疑者(41)ら4人は、去年5月14日の朝、新宿区歌舞伎町の路上で無職の男性(36)に因縁を付けて暴行し、けがをさせた疑いが持たれています。警視庁によりますと、原田容疑者らは酒を飲んだ帰りで、「何こっち見てんだよ」と男性に因縁を付け、集団で殴る蹴るの暴行を加えたということです。男性は全身を打撲するなど全治2週間のけがをしました。目撃者の通報で警察官が駆け付けましたが、原田容疑者らは立ち去っていて、その後、防犯カメラの解析などから関与が浮上したということです。取り調べに対し、原田容疑者は容疑を認めていますが、他の3人は否認しています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集