「外車欲しい」と“現金詐取” 地面師グループの男(2017/07/13 13:30)

 会社社長になりすまし、偽の公正証書を作らせたとして地面師グループのメンバーの男が逮捕されました。男は偽の公正証書を使って約4000万円を借りていました。

 山口芳仁容疑者(50)は2013年、偽の印鑑登録証を使うなどして渋谷区の会社社長の男性になりすまし、公証人役場で公正証書を作らせた疑いが持たれています。警視庁によりますと、山口容疑者はこの証書を使うなどして港区の会社に「外車などを買いたいので、会社の土地を担保に金を借りたい」などと言って現金約4000万円を借りていました。取り調べに対し、山口容疑者は容疑を認めています。また、捜査関係者への取材で、山口容疑者がおととし、仲間らとともに渋谷区内の土地を不正に転売しようとしていたことが分かりました。山口容疑者は土地を所有していた台湾出身の男性の代理人になりすまし、東京都内の会社社長の男性に「所有者の男性に金が必要になった」などと架空の土地の転売話をもちかけたうえで、現金約6億円以上をだまし取っていたとみられています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集