大分空港が一時滑走路閉鎖 耐震補強工事で隆起(2017/07/13 15:00)

 大分空港で滑走路の一部が隆起しているのが見つかりました。空港は滑走路を閉鎖し、13日午前中のすべての便が欠航になりましたが、午後1時ごろに滑走路が復旧して再開されました。

 大分空港事務所によりますと、滑走路の一部が隆起しているのを工事関係者が見つけました。隆起は半径約4メートル、高さ6センチほどで、空港は午前7時から滑走路を閉鎖しました。大分空港では現在、毎晩、滑走路の耐震補強工事を行っていて、その際に地盤が押し上げられたことが原因だということです。この影響で大分空港は午前中、すべての便が欠航になりましたが、午後1時ごろに滑走路が復旧して再開されました。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集