架空の職員名乗り…高齢女性から1000万円だまし取る(2017/07/13 16:28)

 架空の団体の職員を名乗り、高齢女性から現金1000万円などをだまし取ったとして18歳の少年が逮捕されました。

 詐欺の疑いで逮捕されたのは、埼玉県新座市に住む18歳の少年です。少年は去年11月、東京・世田谷区の73歳の女性に「九州復興支援センター」という架空の団体の職員を名乗り、「個人情報が流出している。1000万円あれば削除できる」などと嘘の電話を掛けて、現金1000万円とキャッシュカード5枚をだまし取った疑いが持たれています。警視庁によりますと、少年は別の少年(当時18)とともに女性からだまし取ったキャッシュカードを使い、現金約1500万円を引き出して指示役の男に渡していたということです。少年は「ヤクザから追い詰められ、借金を返すためにやった」と容疑を認めています。警視庁は、他にも共犯者がいるとみて捜査しています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集