護衛艦の見学中に転落 83歳男性が隙間から3m下に(2017/07/14 18:41)

 護衛艦の見学中に83歳の男性が3メートル下に落ちる事故が起きました。

 金沢港に停泊している海上自衛隊の最新護衛艦「かが」で、見学中の83歳の男性がヘリコプターを甲板まで上げる大型エレベーターの隙間から高さ3メートル下に落下しました。隙間は縦約50センチ、幅75センチで、男性はまぶたなどにけがをし、病院に搬送されました。14日は関係者向けの特別見学会が行われていました。15日は護衛艦が一般公開されることから、海上自衛隊では隙間の周辺にロープを張るなどして再発防止に努めるとしています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集