“グルメンピック詐欺” 主催者の男ら5人を起訴(2017/07/15 07:07)

 「日本最大級のグルメイベントを開催する」と嘘を言って飲食店経営者らから金をだまし取った罪で、東京地検は主催者の男ら5人を起訴しました。

 田辺智晃被告(42)ら5人は去年11月から今年1月にかけ、大阪市の飲食店経営の女性らに「グルメイベントが開催される」などと嘘を言い、出店料などの名目で100万円余りをだまし取った罪に問われています。警視庁によりますと、田辺被告らはインターネットのグルメサイトや雑誌に載っている店を対象に「特別枠として半額で出店できます」などと勧誘の電話を掛け、出店希望者を募っていたとみられています。警視庁は5人が全国の約500店舗から1億4000万円をだまし取ったとみて、引き続き捜査しています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集