9年前の女性殺害事件 隣人の60歳女を起訴(2017/07/15 10:57)

 9年前、東京・東村山市の都営アパートで73歳の女性が刺殺された事件で、東京地検立川支部は現場となった部屋の隣に住む60歳の女を殺人の罪で起訴しました。

 菊池祥子被告は2008年、東村山市の都営アパートの一室で、手島公子さんの首や胸をナイフで刺して殺害した罪に問われています。警視庁によりますと、去年、遺留品などの再鑑定を行ったところ、手島さんの左手の薬指からDNA型が検出されたことが分かり、菊池被告のものと一致しました。菊池被告は4月に逮捕された後、精神状態を調べるために約2カ月間、鑑定留置されていましたが、東京地検立川支部は刑事責任能力を問えると判断しました。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集