放置され“熱中症”19歳男性死亡 障害者施設を捜索(2017/07/15 11:49)

 埼玉県上尾市の障害者施設で利用者の男性が熱中症で死亡した事故で、埼玉県警が15日午前、施設に家宅捜索に入りました。管理体制に問題がなかったか調べています。

 13日、上尾市の障害者施設「コスモス・アース」で、この施設を利用していた重い知的障害のある男性(19)が送迎用の車に約6時間半、放置されて熱中症で死亡しました。埼玉県によりますと、利用者が施設に到着した際には複数の職員で確認作業をすることにしていますが、当日は男性運転手1人が確認していたということです。また、昼食の際、男性がいないことに気が付いた職員もいましたが、情報が共有されていませんでした。警察は施設の管理体制に問題がなかったか、業務上過失致死の疑いも視野に捜査を進めています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集