川沿いで集中捜索 9人安否不明の福岡・朝倉市(2017/07/16 11:52)

 九州北部を襲った豪雨では、これまでに福岡と大分の両県で合わせて32人が死亡しました。また、今も10人の安否が分かっていませんが、そのうち9人が安否不明になっている福岡県朝倉市では、16日朝から川沿いで集中捜索をしています。

 (松本拓也記者報告)
 16日朝も強い日差しが照りつけるなか、朝倉市内を流れる筑後川では朝から集中捜索が始まりました。つい先ほどまで、下流から上流に向けて消防団などによる捜索が行われていました。いまだに9人が安否不明となっている朝倉市などでは、これまで安否不明者の自宅周辺を重点的に捜索していましたが、午前9時半から自衛隊、消防など合わせて約2000人態勢で川に沿ってのローラー作戦が始まりました。捜索は赤谷川を中心に筑後川や寒水川などの川沿い約26キロにわたり行われ、昼過ぎまで続く予定です。安否不明者の捜索が難航する朝倉市。捜索初日から参加しているという地元の消防団員は「今回の集中捜索で1人でも見つかれば」と話していました。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集