犯行ほのめかす孫を再逮捕へ 高齢夫婦ら5人死傷(2017/07/17 11:47)

 神戸市で高齢の夫婦ら5人が死傷した事件で、警察は、銃刀法違反の疑いで逮捕した26歳の孫を17日にも殺人容疑で再逮捕する方針を固めました。

 (安井健悟記者報告)
 警察は17日朝から、事件の現場でもある逮捕された孫の自宅を家宅捜索し、当時の詳しい状況を調べています。16日朝、神戸市北区の住宅で、南部達夫さん(83)と妻の観雪さん(83)が刃物で刺され、近所でも辻やゑ子さん(79)が血を流して倒れているのが見つかりました。3人は死亡しました。警察は、南部さん夫婦と同居する孫で、近くで包丁を持っていた竹島叶実容疑者を銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕しました。
 近所の人:「(Q.どういう形相で追い掛けてきた?)無表情。目が合いましたよ」「(Q.服装は血だらけでした?)そう、そう」
 竹島容疑者は、南部さん夫婦らの襲撃をほのめかしていて、警察は17日にも、殺人容疑で再逮捕する方針を固めました。付近では、竹島容疑者の母親(52)ら2人も重傷を負い、母親は「息子が家族に襲いかかった」と証言しているということです。警察は、竹島容疑者の関与について裏付け捜査を進めています。

番組スペシャル動画

教えて!あの街あの情報

防災リンク集